兵庫県小児科医会

Home » 感染症・ワクチン情報

今月の感染症情報

平成30年7月分の感染症情報

エリアマップ

尼崎市

RS感染症が依然みられています。
手足口病、ヘルパンギーナも増えて来ています。

最新情報http://www.amagasaki.hyogo.med.or.jp/kansen/

伊丹市

感染性胃腸炎と溶連菌感染症が1位、2位と変わりませんが、少しずつ減少傾向です。胃腸炎に細菌性のものが増えています。
ヘルパンギーナや手足口病もでてきましたが、流行というにはほど遠い感じです。

最新情報http://www.itami-med.or.jp/kansen.html

西宮市

感染性胃腸炎、溶連菌感染症は減少しました。
ヘルパンギーナが、少しずつ増えてきています。
RSウイルス感染症が散見されるようになりました。

最新情報http://www.nishinomiya.hyogo.med.or.jp/oshirase/kansen.html

芦屋市

感染性胃腸炎、手足口病、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、水痘などが認められますが、いずれも多くありません。

神戸市

夏風邪と言われるウイルス感染症のうち、ヘルパンギーナが増加してきております。RSウイルス感染もやや増加傾向です。
その他は流行中の感染症はありません 

最新情報http://www.kobe-med.or.jp/kenkou/kansensyo.html

明石市

感染性胃腸炎が流行しています。溶連菌感染症、アデノウイルス感染症も出ています。ヘルパンギーナ、手足口病はまだ、少ないですが、少数います。

最新情報http://survei.sakura.ne.jp/view/graph.php

加古川市

ヘルパンギーナが増加しています。
RSウイルス感染症も出ています。

最新情報http://www.kakogawa.or.jp/survei/day.html

姫路市

少しずつヘルパンギーナ、手足口病といった夏風邪とよばれるウイルス感染症が増加してきました。
一方で、RSウイルスも報告があり、感染症の季節性にも常識が通用しなくなっています。

最新情報http://www.himeji-med.or.jp/iinkai/tiikihoken/tiikihoken.html

北播磨

手足口病、ヘルパンギーナなどの夏風邪の小流行が見られます。
感染性胃腸炎も見られますが、特定の原因菌はありません。
伝染性紅斑が散見されます。

最新情報https://www.hyogo-pa.org/pdf/

西播磨

7月は目立った流行はなく、夏場の胃腸炎が時々出る程度でした。
たまに、溶連菌、アデノウイルス抗原陽性、まれにノロウイルス、RSウイルス抗原陽性の例がありました。

丹波篠山

RSウイルスの小流行を認めています。
後半は、夏かぜウイルスによる急性咽頭炎が少し流行ってきました。
他は、ウイルス性胃腸炎が散発程度です。

最新情報http://www.tanba-med.jp/infect.shtml

但馬

巷では、ヘルパンギーナの流行とテレビで伝えていますが、こちらでは流行の兆しもありません。手足口病も然りです。
溶連菌感染、RS感染がちらほらある程度です。
1~2日で解熱するいわゆる夏風邪はよくみます。

淡路島

ヘルパンギーナが急増しています。
RSウイルス感染症が出始めました。
ヒトメタニューモウイルス感染症も残っています。

最新情報http://minamiawaji-med.or.jp/kansen.php

兵庫県小児科医会

〒651-8555 兵庫県神戸市中央区磯上通
6-1-11(兵庫県医師会内)

TEL:078-231-4114 FAX:078-231-8111~3

入会申込はこちら